東京都板橋区のリフォームブログ | 東京都板橋区で浴室・キッチンリフォームをお考えの方は株式会社栄工にお任せください。

東京浴室リフォーム.com
  • Home
  • Mail

ビジネスブログ

2019年09月18日 [雑文(フィクション)]

寝台特急北斗星

 20年前位前はまだ寝台特急北斗星が現役な事もあり東北新幹線はガラガラに空いていた時代が長かったです。

金曜の夜仕事帰りにビールとおつまみを買い込み上野駅から東北行きの最終の寝台特急北斗星に飛び乗る。
石川さゆりが歌う津軽海峡冬景色の一節「上野発の夜行列車〜」が寝台特急北斗星だから取り敢えず心の中でリフレインします。
これが出来るって働いているからだよねぇ〜って悦に入りながら。
冷房で冷えた寝台車の車窓から東京のネオンが光るだけで喋る人もいなく静かなのだが、ガタゴトガタゴトと激しく車両が揺れるからとてもじゃないけど眠れたもんじゃない。
だから絶対にビールが必要なのです。
ビールを立て続けに何本か空けバリバリに糊がきいている白い綿のカバーに包まれた薄い毛布を掛けて寝るしかない。
車掌さんが切符を拝見しに来るまで待ち後は寝るだけ。
でも、ぐっすりと眠れることはなく朝の4時頃に起きると車窓は東京から一変して見渡す限り田んぼと変な形の家。
東北は豪雪地帯が多いからなのか、大手ハウスメーカーが進出しなかったからなのか変な形の家が多くこれを見ると東北だなと思ってしまう。
田んぼの中にポツンと家や農作業小屋があるだけの風景が永遠と続く。
それに鉛色の空。
鉛色の空色の日が多いと思う、東北は。
その鉛色の空がうら悲しさを助長させちゃうんだと思ってました。

それが東北新幹線が開通し景色は一変するのでした。

続く。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop

無料お見積りフォーム